スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初の標的

佐奈子は、いわゆる愚図だった。
なかなか元の会社の同僚を呼べずにいた。
繁子は待ち切れなかった。
スケベな妄想が次々脳裏に浮かび、
同時にいやらしい液体が股間に溢れた。
真昼だというのにパンツの布地が濡れた。
もう我慢できなかった。

繁子は自らスカウトを始めた。
最初の標的は、
驚くなかれ前夫の青山だった。
さすがに全く同じ職場では気がひけたか、
隆の建機会社に呼んだ。

情けない話だが、
隆も青山も繁子の提案に反対しなかった。
青山は、隆の会社の総務部に就職した。
繁子はあっさり願いをかなえた。
ずいぶん安易な道だったが、
今の繁子にとって、
なりふりなどかまっていられなかった。
それに青山なら、
その性癖は知り尽くしている。
わくわくするような気持ちにはならないが、
まずは満たされることが先決だ。
繁子の股間は、
ふたたび御汁でいっぱいになった。




テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エロおやずぃ~!

Author:エロおやずぃ~!

❤お願い!エロおやずぃ~!❤
aproimg_60x60.gif
のんきに生きてま~す!
ネコbs
★チャーリーズ エッセイ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
ティート・シモネッタ(ちょいと下ネタ)
人生なんて、タララララ~♪
2014 uma
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。