スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SEXの相性

「入れて!おマンコに入れて!」

繁子は自らの脚を両手で持ち上げ
先程は中々言おうとしなかった言葉を
叫ぶように言った。
青山はニヤリとすると
腰を少しだけ前に突き出した。

「あぁ~~~」

肉棒の先端だけが
繁子の割れ目の間に侵入するのを確認すると
もう一度腰を引いた。

「だめぇ~ちょうだいよ~!」

繁子は、おもちゃ屋の前で駄々をこねる子供のように
高く上げた膝から下の脚をばたつかせた。

『しょうがない奴だ・・・』

青山は自分が、隆に妻を奪われ、
その奪った男に使われていることさえも忘れて呟いた。
こんなダメ男でも繁子との
SEXの相性だけは隆より良かったのである。

「繁ちゃん、こうかい?」

青山は、屹立したシンボルを奥へと進めた。
「ん・・はぁ~そうよ・・いいわ・・」

繁子は、青山がもう焦らすことができないよう
両腕で腰を抱き自分の中心部に導いた。




テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エロおやずぃ~!

Author:エロおやずぃ~!

❤お願い!エロおやずぃ~!❤
aproimg_60x60.gif
のんきに生きてま~す!
ネコbs
★チャーリーズ エッセイ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
ティート・シモネッタ(ちょいと下ネタ)
人生なんて、タララララ~♪
2014 uma
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。