スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いきり突いて!

「繁ちゃん、机に手をついてお尻はこっちに・・・」

青山は、隆のデスクに繁子の手をつかせた。

「思いきり突いて!」

聞くまでもなかった。
青山は、繁子がお尻を向けるやいなや
その中心でヌラヌラと光りを放ち
まるで呼吸でもしていそうな
いやらしい場所を貫いた。

「あは~ん!いい~~!」

青山の肉棒が背後から串刺しにし
繁子の臀部の双丘の間に
出入りするさまがよく見え
青山は益々気分が高揚していった。

「あ~当たる~」

青山の先端が繁子の子宮口を
抽送のたびにコリコリと刺激した。
繁子の膝がガクンと小さな痙攣を起こした。

「いやっ!いきそうよ!」
「だめだよ。まだだめだ」

青山は征服者のような冷たい声で言った。





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エロおやずぃ~!

Author:エロおやずぃ~!

❤お願い!エロおやずぃ~!❤
aproimg_60x60.gif
のんきに生きてま~す!
ネコbs
★チャーリーズ エッセイ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
ティート・シモネッタ(ちょいと下ネタ)
人生なんて、タララララ~♪
2014 uma
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。