スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願いっ!早く!

「いじわる言わないで・・オ○ンコに入れて」

彼女に選択の余地はない。
もう待てなかった。
しかし、今までとは打って変わって
蚊の鳴くような声である。

「よく聞こえないな。ちゃんと言うんだ」

繁子は泣き出しそうであった。

「入れてっ!おちんぽをスケベなオマンコにちょうだい!」

ついにここで支配者が入れ替わったのだ。
青山は満足げに、再び繁子のクレバスに
沿って先端をこすりつけた。

「いや~ん!お願いっ!早く!早く!オマンコっ!」

あの繁子が、今にも発狂しそうな様子で懇願している。
青山はSEXとは別の快楽を感じると同時に
繁子が少し可哀想に思えてきた。
一度は愛した女性であり、
2人の間にはその結晶もいるのである。
青山は繁子の願いを叶えることにした。

ニュルン・・・青山の愛撫と焦らしのせいで
繁子のそこは充分過ぎるほど濡れそぼっており
あっけないほど青山の進入を許した。





テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エロおやずぃ~!

Author:エロおやずぃ~!

❤お願い!エロおやずぃ~!❤
aproimg_60x60.gif
のんきに生きてま~す!
ネコbs
★チャーリーズ エッセイ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
ティート・シモネッタ(ちょいと下ネタ)
人生なんて、タララララ~♪
2014 uma
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。