スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

直接して・・・舐めて

青山にとって久しぶりに味わう愛撫だった。
それは最高の贅沢であった。
既に青山のそれは限界まで怒張し
繁子の蜜壺への進入を今か今かと
待ちきれない状態になっていた。

青山は、繁子のスカートをたくし上げ
パンティーの上から繁子の湿った部分を
スジに沿って撫ではじめた。
青山が繁子をパンティーの上から刺激を与えるのと、
ほとんど時を同じくして、
繁子の愛液のポンプが
作動し始めた。
機械のように一定のリズムで
ドクンドクンといやらしい液体は
繁子の体内から送り出された。

「直接して・・・舐めて」

繁子は、
それが至極当たり前のことであるかのように青山に言った。

「うん・・・」

そうは言ったものの、
青山は繁子と夫婦であった時から
口でするのが嫌いであった。




テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エロおやずぃ~!

Author:エロおやずぃ~!

❤お願い!エロおやずぃ~!❤
aproimg_60x60.gif
のんきに生きてま~す!
ネコbs
★チャーリーズ エッセイ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
ティート・シモネッタ(ちょいと下ネタ)
人生なんて、タララララ~♪
2014 uma
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。