スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勃起した乳頭

青山は、繁子の乱暴な愛撫を受け
もはや抵抗する気持ちは微塵もなくなっていた。

『いいさ、俺は決めたんだ。あの時・・・』

そう、青山は繁子と離婚し隆の会社に
転職した時点で自らの人生の行方を決めた筈だった。
繁子は、青山のズボンのジッパーを下げ
直接の刺激を加え始めたところだった。

『気持ちいい・・・』

開き直った青山は快感を甘受し
手持ち無沙汰になった両手を
繁子に伸ばそうと決心した。

青山は、繁子のジャケットの内側の
ブラウスのボタンを器用に片手ではずし
かまわずその手をブラのカップに
滑り込ませた。

「はぁ~そうよ、そうして」

繁子が呻いた。
その声は、青山の性欲中枢にダイレクトに響き
彼は、少し乱暴に繁子の勃起した乳頭をつまんだ。

「ふん・・・あぁ~」

青山の強めの愛撫に負けず
繁子の肉棒をしごく力は力強くなった。




テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

エロおやずぃ~!

Author:エロおやずぃ~!

❤お願い!エロおやずぃ~!❤
aproimg_60x60.gif
のんきに生きてま~す!
ネコbs
★チャーリーズ エッセイ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
ティート・シモネッタ(ちょいと下ネタ)
人生なんて、タララララ~♪
2014 uma
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。