スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はみ出た尻肉

「藤田さん、今夜は評判のイタリアンがいいな」
繁子は少し腰のあたりをひねり藤田におねだりした。
まだ就業時間中で周囲には同僚の目もある。

繁子は、そんなことはおかまい無しだし、
藤田にいたっては、
繁子のブルンとふるえた腰肉に目が釘付けだ。
その日の繁子は、ピチピチのパンツルック。
パンティーのラインが浮き上がり、
その下部からは尻肉がはみ出しているのが見える。

『し、繁子さん、この中はどうなってるのかな?
 もう濡れちゃってるかな?な、舐めたいな』

藤田は、心の中で言った。
同時に俄かに血液が股間に集まりだしているのを感じた。
少し脈も上がってきているようだ。

「ねぇ、ねぇったら」

藤田は繁子の声で我に返った。

「そ、そうしましょう。い、イタリアン行きましょう」


テーマ : 18禁・官能小説
ジャンル : アダルト

プロフィール

エロおやずぃ~!

Author:エロおやずぃ~!

❤お願い!エロおやずぃ~!❤
aproimg_60x60.gif
のんきに生きてま~す!
ネコbs
★チャーリーズ エッセイ★
★ちゅ~ねんジェットの実践のんき生活★
ティート・シモネッタ(ちょいと下ネタ)
人生なんて、タララララ~♪
2014 uma
最新記事
リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。